得する保険の相談

保険を相談する前に考えるべき【3つのこと】

夫婦に説明する画像

はじめに

あなたは保険に加入しようと考えた時にどこから加入を検討しますか?

親に相談する人もいれば、知り合いの「保険のおばちゃん」を紹介してもらうこともあるとおもいます。

最近ではCMでも多く放映されている保険カウンターに相談に行く方も多くいらっしゃいます。

この記事ではこれから保険の相談に行こうと考えている方に向けて、保険の相談に行く前に準備すべきことを紹介していきます。

なぜ準備が必要なのか?

あなたが保険カウンターに相談に行く時、なんの準備もない状態で来店したとしてもお店の人はいちから「保険」とは何かを教えてくれるでしょう。

しかし、この「準備」のない状態で行くと、

あなたの資産の状態、健康状態をいちからお店の人に話さなくてはならなくなります。

すると、この「今の自分の状態」を伝えるだけで、一度目の来店は終了してしまうでしょう。

スムーズに保険の内容を考えるための準備をしていくと自分の理解が深まりますし、相手も何をあなたに伝えるべきかが明確になります。

ぜひ、適切な準備をして保険の相談に向かいましょう。

あなたに何かがあった時、保険でいくら必要か考える

保険の相談の最終的なゴールは

「保険に入ること」ではなく、

「自分に何かあった時にいくらもらうか」です。

そしてこの「いくら」を考えるときに必要になるのが、

(1)自分の貯金はいくらあるのか

(2)毎月の生活費はいくらかかっているのか

この2つを保険を相談する前に確かめておくことによって、相談するときの内容が具体的になります。

特に(2)の毎月の生活費がいくらかかっているのかは、

保険を考えるうえで重要な部分となりますので、ぜひ一度確認してみてください。

あなたの健康状態を確認する

保険に加入するときには必ず「告知」という過去の入院歴や、直近で病院に通ったかどうかの質問をされます。

加入する保険によっては健康診断書の提出が必要な場合もあります。

保険の相談に行く前に必ず

・最近病院に行ったか(いった場合はその病名)

・入院をしたか(入院した場合はその入院期間と病名)

を確認してから保険の相談に行きましょう。

この確認が不足しているといざ保険に入ろうというときに

「あなたの病歴ではこの保険には入ることはできません」

と言われてしまったらとても悲しいですよね?

ぜひ保険の相談の前に健康状態を確認しておきましょう。

将来の生活を想像してみる

保険に加入するということは短くても10年、長いと一生お金を払いながら保障を得ることになります。

そうなったときに「今独身だからこれぐらいでいいや」と簡単に保険を決めてしまうと将来もし結婚したり、子どもが生まれた時に保険に入りなおさなければいけないような状況になってしまいます。

もちろん未来のことはだれにもわかりませんが、保険の相談に行く前に一度「結婚を考えているか」や「子どもはほしいと思っているか」を考えてから保険の相談に行くと、将来を考えながらより良い保険に加入することができます。

まとめ

「保険ってなんか難しい」そう考えている人は、多くいらっしゃると思います。

しかし、この理由は事前の準備なしに保険の相談に行って、いきなり保険の話をされてしまっているため理解できないことが大半であると思います。

ぜひ、この記事で書いているような事前の準備をしっかりと行って保険の相談に行ってみてください!

今までわからなかったお店の人の話が急に自分に身近で、大切な話に聞こえてくると思います。

 

女性が説明する画像
保険の相談には何店舗も行こう!はじめに あなたが保険相談をする時にはじめに訪れた店舗で契約することがあると思います。 しかし、もしそのようなことをしてしまった...