医療保険

保険に入る前に健康診断には行った方がいいの?

医師が手を差し出す画像

はじめに

保険相談に来店する方で、たまにいらっしゃるのは、

「保険に入る時に健康状態に問題があったらいけないので、健康診断を受けてきました!」

といって健康診断書をもって来店する方がいます。

しかし、保険に入る準備の一環としてい健康診断を事前に受診することはお勧めできません。

この記事では、保険加入前になぜ健康診断を受けない方がいいのかを分かりやすく説明していきます。

保険に入る前に健康診断に行くのはやめましょう

なぜ、健康診断を保険加入前に受診しない方がいいのかというと生命保険や医療保険に加入するときには申込書と一緒に必ず「告知書」という書類に自分の最近の健康状態を書かなければいけません。

この告知書の記入項目は保険会社によって、書かなければいけないことは異なりますが、多くの生命保険の告知書の場合「健康診断で要経過観察や再検査の項目はありませんでしたか?」という質問があります。

もし、一年前に健康診断を受けていて、特に異常がないとい診断されていれば、特に問題なく保険に入ることができると思います。

しかし、「はじめに」で書いたように保険に入る前に健康状態を確認するために健康診断を受けてその結果が

「要経過観察」

「要再検査」

と健康診断書に書かれてしまった瞬間に告知に厳しい保険会社はあなたを保険に加入させてくれなくなってしまいます。

「自分としては何も体に異常は感じていない」

と訴えても、保険会社は書類に書いてあることでしか判断しません。

もし、健康診断で異常がない場合はそのまま保険にはいりましょう。

もし、健康診断で診断で何らかの事項が指摘されている場合には、体を健康な状態にしてから、健康診断を受けて、保険に入るようにしましょう。

告知事項はウソなく書きましょう

ここでたまにいらっしゃるのが、

「じゃあ告知書にウソを書けばいいんじゃないですか?」

という方がいます。

しかし、告知書にウソを書いても、保険に入った後すぐにあなたが入院などしてしまった場合は「医療照会」といって保険会社かあなたの過去の健康状態について調査が入ります。

ウソは絶対にバレるのです。

また、保険を販売する側の人があなたに対して

「ウソを書いても大丈夫ですよ」

「バレないので適当に書いておいてください」

などといった場合は完全に保険販売員は「不告知教唆」といって、完全に法律違反です。

このように誘導してくる人からは絶対に保険に入らないようにしましょう。

スムーズに保険に入るには日々の健康管理が一番!

じゃあどうすればすんなり保険に入れるのか?

という質問には「日々の健康に気をつかいましょう」

というのがわたしからのアドバイスです。

・週に2~3回の運動

・一汁三菜の健康的な食事

・7~8時間の適度な睡眠

この3つを守るだけであなたの体は見違えるように健康になります。

健康に不安のない体になれば、わたしもあなたに対して、

「保険に入る前に健康診断に行くのはやめてください!」

なんていわずに

「健康的ですばらしいですね。では保険をご説明させていただきます。」

とすんなりと保険についてご案内させていただくことができるでしょう。

まとめ

せっかく保険に入りたいと考えているのに、「あなたは健康じゃないから加入できません」と言われてしまってはとても悲しい気持ちになります。

去年は健康だったのに今年はちょっと健康に不安があるかもという方は、自信をもって健康だ!といえるまで体調を整えるか、健康診断を受ける前に保険に入るようにしましょう。