得する保険の相談

自転車の保険は必要ないの?【自転車事故例あり】

激しく自転車をこぐ人

はじめに

最近の自転車事故は普通の自転車での事故もありますが、大人であればロードバイクと言われる競技用の自転車や子どもであれば、ペダルのない自転車なども多く増えています。

もちろん、自分が車などにひかれてしまう立場であれば、深く考えずにすみますが、万が一自転車で人をひいてしまった時には多額の賠償金を請求されることもあります。

この記事では、そんな自転車で人を引いてしまった場合の賠償事故例や、万が一の時に備える自転車保険について説明していきます。

自転車での事故例とその賠償金額

自転車で人を引いてしまった場合、子どもであっても多額の賠償金額を請求されることがあります。

具体的な事故例を見てみましょう

賠償金額        事故概要
9,2521万円 男子小学生が夜、帰宅途中に自転車を走行歩道と車道の区別のない道路で、歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の重傷を負い、意識が戻らない状態となった。
9,266万円 男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。会社員男性には重大な障害が残ってしまった。
6,779万円 男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさずに走行し、交差点に進入、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷で事故の3日後に死亡した。

このように自転車で人をひいてしまい、相手に重傷を負わせてしまうと5,000万~1億円近い賠償金額が請求されてしまいます。

これがお子さまが事故を起こしてしまった時には、賠償金の請求は親の元にきます。

自転車保険は多くの地域で義務化されています

このような状況をうけて、近年多くの地域が、自転車に乗る人向けの「自転車保険」加入を義務化しています。

主な自転車保険義務化地域は

・宮城県仙台市

・埼玉県

・愛知県名古屋市

・石川県金沢市

・滋賀県

・大阪府

・京都府

・兵庫県

・鹿児島県

です。

このそれぞれの役所のホームページには自転車保険の義務化に関する条例や、どのくらいの保険に入らなければいけないのかが記載されています。

自転車保険の中身と保険料

では自転車保険とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

多くの保険会社提供している「自転車保険」とは言う商品実は自転車保険ではありません。

実際の自転車保険の中身は「傷害保険+個人賠償保険」という保険が組み合わせることにより、「自転車保険」という商品が作られています。

「傷害保険」とは:あなたが自転車にひかれけがをしてしまい、その治療のために病院に通った際に、その病院での「治療費や交通費」を保険会社が払ってくれる保険です。

「個人賠償保険」とは:あなたが自転車などで人をひいてしまって、相手がけがをしたり、働けなくなって、相手側から治療費や働けなくなってしまった分のお給料の補償をあなたの代わり保険会社払ってくれる保険

自転車保険は「自転車での事故」というとても狭い範囲の事故を補償するため、毎月の保険料は安く、自分がケガをしてしまった時の治療費の補償は最低限にして加入することによって、月500円ぐらいで加入することができます。

この記事を読んでいる方で自転車保険が義務化されていない地域の方にも人に迷惑をかけて1億円の賠償金を払わなければいけなくなる前にきちんと自転車保険に加入しておくことをおすすめします。

まとめ

自動車の免許をお持ちの方はご存知かもしれませんが、

自転車は押して歩いていれば、歩行者と同じ「交通弱者」として見られます。

しかし、ペダルをこいで自転車に乗った瞬間にそれは「車両」みなされます。

「これまで自転車で人をひいたことないから大丈夫!」と思っている方にもいつこのような事故が起こるかわかりません。

それは明日、もしかしたら今日自転車事故を起こしてしまうかもしれません。

そうなる前に自転車保険に加入してきちんと備えておきましょう。