火災保険

賃貸用の火災保険はこんな時にもお金がでます!【事故例あり】

マンションの外観

はじめに

賃貸物件を契約する時、必ず不動産屋さんで火災保険に加入をします。

これは、あなたが入居した後、その部屋で火災を起こしてしまった時のためにその部屋きちんと修復できるように加入するものです。

この入居時に加入する火災保険は、実は火災の時以外にも使える補償が多くついています。

この記事では、そんな賃貸火災保険において、火災以外の事故でも使える補償とその事故例を紹介していきます。

保険会社からはこんな時にもお金がでます!

「火災保険」っていう名前なんだから火災の時にしかお金は出ないんでしょ?という方がたまにいらっしゃいますが、そんなことはありません。

もしお部屋でこんなことが起こったら保険が使えますという事故例を紹介します。

洗濯機のホースが外れて水浸し、下の階の部屋まで漏水してしまった

このような時には「個人賠償責任保険」使えます。

階下に漏水をして、下の階の人の家具を濡らしてしまったり、天井の張替えが必要になった時に誰がお金を払わなければいけないのかというと、下の階の人ではなく、この事故の原因を作った「あなた」なのです。

そのような時もこの賃貸用の火災保険に加入していれば、階下の方の家具の再購入費用や、天井の張替え費用などを保険会社が払ってくれます。

テレビを動かしていたら落として床を傷つけてしまった

「ものを運んでいてら床に落として、床を傷つけてしまった」や「キャスターでものを運んでいたら勢い余って壁に穴をあけてしまった」

このような時は保険に入っていない場合は、床の張替え費用や、壁の張替え費用をあなたが払わなければいけませんが、火災保険の補償範囲に「不足かつ突発的な事故」をほしょうするものに加入していれば、この修理費用を保険会社が支払ってくれます。

このように「火災」以外の事象でも保険が適用されることはあるので、少しでも保険はでるのかな?と疑問に感じたら、保険会社に問い合わせてみましょう。

ここで一点注意すべきことは、保険が使えるのはあくまで「偶然起こってしまった事故」に対して保険が支払われます。

そのため、夫婦喧嘩をして壁を殴ったら壁に穴が開いてしまったなどの「故意」や、「未然に防げたもの」に対して保険が支払われることはないので、注意してください。

必ず比較検討しながら保険に加入しよう!

ここまで読んで頂いた方は「よし火災保険にしっかり入ろう」と思っていただけたと思います。

ここで、一つ確認してほしいのは今後入る予定の火災保険もしくは今入っている火災保険は上に書かれていた補償がきちんと含まれているか確認してください。

保険会社によっては、補償を極力削って保険料を安くすることができるため、そうなると上に書いたような補償が含まれていない場合があります。

もし不動産屋さんに勧められている保険にこれらの補償がはいっているかいないかを確認したい場合は

「この保険はオールリスクの補償ですか?」と聞いてみてください。「この補償はオールリスクですよ」と言われれば、先ほどお伝えした補償も含まれていますので、安心して加入してください。

また、他の確認方法としては、一般的な賃貸用の火災保険の保険料は「2年で15,000円~20,000円」です。

この保険料よりも安い場合は何かしらの補償が削られている可能性が高いので、一度見直しをしてみるとよいでしょう。

まとめ

賃貸用の火災保険は不動産屋さんに言われるがままなんとなく加入してしまうことが多くあります。

しかし、なんとなく加入してしまったがばっかりに「いざ」保険で対応できそうな事故が起こった時に「この保険では対応できません」と言われてしまっては、保険料を払っている意味がありません。

ぜひ、ご自身の加入している火災保険の「保険証券」を確認して、どんな時に保険がでるのかを確認してみてください。