自動車保険

車で事故を起こしてしたらどこに電話をかければいいの?

急ブレーキを踏む女性

はじめに

自分が自動車で事故を起こしてしまったら、とても慌ててしまうと思います。

しかし、相手のいる事故の場合、あなたの行動が人の命に関わる場合もあります。

この記事では自動車事故を起こしてしまった時にすべき行動を順を追って説明していきます。

車を側道によせましょう

まず、車で事故を起こしてしまった時には、車を側道によせましょう。

事故を起こした状態のまま車を停止させていると、後ろからくる車の進行の妨げにもなりますし、最悪の場合、玉突き事故などの後続車を巻き込んだ事故などに被害が広がってしまいます。

救急車・警察に電話しましょう

車を側道に寄せることができたら、次はけが人の有無を確認しましょう。

けが人がいる場合は必ず、救急車を呼びましょう。

救急車電話番号:119

お手持ちのスマートフォンからこの番号に電話を掛ければ近くの救急隊が駆けつけてくれます。

けが人の確認と救急車を呼ぶことができたら、次に警察を呼びましょう

警察の電話番号:110

この番号もまた近くの警察署につながります。

警察の人が、到着したら事故がいつ起きたのかや事故の状況を詳細に話しましょう。

相手も自分も現場にいて、記憶が鮮明うちに正確な事実を伝えましょう。

この時の調書が事故後の賠償金の支払い額などにも関わってきます。

ウソをつくことなくありのままの事故原因を伝えるようにしましょう。

保険会社に電話するのは最後です

まれに、救急車や警察に連絡を入れる前に保険会社に連絡をしてしまう人がいますが、あなたが事故の加害者の場合、あなたが責任をもってその現場の対応をする必要があります。

事故を起こした時に電話をする順番は、

救急車→警察→保険会社

の順番で保険会社に電話をするのは最後なのです。

救急車と警察が到着したら、保険会社に電話をするように心がけましょう。

日本の三大損害保険会社といわれる会社の事故受け付けの電話番号を下の表に掲載しますので、あなたがこの保険会社で自動車保険に入っている場合は参考にしてみてください。

東京海上日動 事故受付 TEL:0120-119-110
損保ジャパン 事故受付 TEL:0120-256-110
あいおいニッセイ同和 事故受付 TEL:0120-024-024

 

まとめ

「自分は事故を起こすはずがない!」と思っている方に限って大きな自動車事故を起こしてしまうことがあります。

自分は事故を起こすはずはないと思っていたために、実際に事故を起こした時にはとても慌ててしまい事故対応がしっかりできなくなってしまいます。

地震のための避難訓練を行うように、

「もし自分が自動車事故を起こしてしまったら?」という想定をして一度手順を確認してみてください。

もちろん安全運転が一番ですが、万が一事故を起こしてしまった時のための備えをしておくことも非常に大切です。