火災保険

地震保険って何?入り方は?

がれきの画像

はじめに

あなたは地震保険に加入しているでしょうか?

「聞いたことはあるけど、どんな保険かわからない」

「地震保険に入りたいんですけど、どうしたらいいですか?」というお客さんによく相談をうけます。

この記事では地震保険とは何か、入るべきなのはいるべきではないのか、合わせて地震保険の入り方を解説していきます。

地震保険ってなに?

地震保険とは地震が発生して、あなたの家や、家具などが壊れてしまった場合に、家の立て直し費用を保険会社が支払ってくれる保険です。

また、この保険を運営しるための資金は国が半分負担しているため、どこの保険会社で加入をしても保険料は同じになります。

※地域によって保険料はことなります

地震保険って必要なの?

地震保険の加入率は日本全体で約30%です。

この加入率は決して高くありませんが、保険の加入を検討している人が相談に行き話を聞いた結果

「よし地震保険に加入しよう!」

と思って実際に加入したのがこの30%という数字だと思います。

あくまでご参考にはなりますが、以下で「持ち家」の場合と「賃貸」の場合の地震保険が必要かどうかを解説していますので、ぜひご覧ください。

持ち家の場合

持ち家の場合はあなたの購入した「持ち物」としてのおうちです。

それが、地震によって倒壊してしまった場合に地震保険に入っていなかったらあなたには何も残らないことになってしまいます。

強いて言えば「住宅ローン」だけが、残ってしまいます。

このようなことにならないためにも「持ち家」の場合は必ず住宅ローンに加入しましょう。

しかし、この地震保険は完璧な保険ではありません。

もし、あなたの家が地震で全て壊れてしまいいわゆる「全壊」という状態になってしまっても保険会社からもらえるお金は、あなたが火災保険で設定した満額の保険金額の半分です。

わかりやすく言うと

火災保険:家の金額 2,000万円

と設定している場合、地震が原因で家が壊れた時には最大でもらえる金額は1,000万円です。

これは政府が運営資金を出しているなども理由にこの金額に設定されています。

それでもないよりは確実に備えておいた方がよいほしょうなので、「持ち家」の方は必ず加入しておくようにしましょう。

賃貸の場合

賃貸物件に入った際に加入する地震保険が対象とするのは、あなたの家財です。

家財とは、あなたの洋服、テレビ、たんす、そのほかの家具類のことを言います。

一般的に火災保険で家財に対しては「300万円」程度の保険金額設定されておりますので、ここでも最高でお金が出るのは、この半分の「150万円」です。

※家財の設定金額によります

もちろん生活を継続していくうえで、家財は必須のものであるとは言えますが、実際に地震が起きて生活を継続していく時には、最低限の家具類を買いなおせば十分でしょう。

そのため、わたし個人の意見とはなってしまいますが、賃貸物件においては地震保険には加入する必要はないと言えるでしょう。

地震保険の入り方は?

地震保険は単体で加入することはできません。

必ずメインの火災保険に加入して、そのオプションとして地震保険に入るか入らないかを選択します。

実際の加入についてのパターンは

建物の火災保険のみ
建物の火災保険+家財の火災保険
建物の火災保険+家財の火災保険+建物の地震保険
建物の火災保険+家財の火災保険+建物の地震保険+家財の地震保険

この③~④がいわゆる「地震保険」のついている補償になります。

また、火災保険の申込書は地震保険に加入することが前提で作られていますので、もし地震保険に加入しない場合は「火災保険申込署名欄」と「地震保険には入らないこととする署名欄」の2か所に署名しましょう。

まとめ

あくまで、地震保険の加入は任意ですが、ローンの払い終わったせっかくのおうちが地震によってすべて壊れてしまい、後には何も残らなかったとなってしまってはとても悲しいことです。

今回この記事で解説した「地震保険」に加入しておけば、この悲しみを軽減するこができます。

ぜひ、火災保険に加入する際は、地震保険もセットで検討してみましょう。