得する保険の相談

保険の相談ってどれくらい時間がかかるの?

女性が説明する画像

はじめに

保険の相談にくるお客さんの相談時間は平均で1時間程度ですが、相談の内容によって実際に相談に必要な時間は異なります。

この記事では保険相談にかかる時間と、保険商品ごとの相談に必要な時間を解説していきます。

初回の相談は少なくとも1時間はかかります

「保険の話は今まで聞いたことない」

「保険の話を一から聞いてみたい」

という保険の知識が全くゼロの方の場合、

はじめに

「保険とは」

という話をしてから

ヒヤリングシートにあなたの個人情報を記入→どんな保険に入りたいのかを伝えて→保険商品の説明を受ける

この流れだけで、大体一時間はかかってしまいます。

保険の相談をできるお店は何度通っても「無料」ですので、初回の来店では、まず「保険とは」をしっかり理解できるようにしましょう。

保険の相談内容別の所要時間

保険相談にかかる時間は商品ごとに異なります。商品別の所要時間を確認してみましょう。

医療保険

医療保険はあなたの性別・年齢がわかればすぐに「見積書」を出してもらえます。

ほとんどの方が、2~3社の保険会社の保障内容と保険料で比較します。

来店回数:2回

所要時間:各1時間

あくまで目安ですが保障内容が一度わかってしまえば、比較検討するのは割と簡単な保険商品といえます。

新婚さんの保険加入

新婚さんの保険加入についての検討は旦那さんと奥さんの医療保険・がん保険・生命保険を二人分検討する必要があるので、それなりの時間が必要となり、何度か来店する必要も発生します。

来店回数:3回

所要時間:各1時間半

また、この時の注意点は、恐らく多くの保険を提案されて、それを覚えてられる期間は長くはありません。

「保険の説明を受ける→夫婦で話し合う→契約をする」というプロセスを期間をあけずに行うようにしましょう。

保険の見直し

保険の見直しは、保険相談において最も時間のかかる相談内容です。理由は、まずあなたが加入している保険商品を保険の販売員に理解してもらう必要があり、理解してもらった後に、

「この保険は入り続けた方がいい」や「この保険は乗り換えてた方がいい」

などのアドバイスをもとに保険を考えなおす必要があります。

そのため、

来店回数:4回以上~

所要時間:各1時間半~2時間

保険の見直し時に必要なことは、

あなたが

「どのような保障に入っているか」

を理解することです。

あなた自身がどのような保障に入っているかを理解していないと、見直しの説明を受けても、100%理解することはできません。

保険の見直しに来店する際には必ず、わかる範囲でいいので自分がどんな保険に加入しているのかを確認しておきましょう。

自動車保険・火災保険

自動車保険や火災保険と言われるいわゆる損害保険は、非常に比較検討が簡単な商品です。

そのため、

来店回数:2回

所要時間:各30分

これぐらいの時間で説明から契約の乗り換えまでの手続きを完結することができます。

もしも損害保険の見直しに迷われている方は、サクッと話を聞きに行くのをお勧めします。

まとめ

この記事説明した内容はあくまでも一例です。

保険の相談はあなたの年齢・性別・最近の体調・予算などによっても説明の内容は大きく変わります。

保険の相談に行く際は必ず時間に余裕をもって話を聞きに行くようにしましょう。

 

保険の相談で空いている時間は?はじめに ショッピングセンターなどに入っている保険ショップで買い物がてら保険相談をしようと思ったらどのカウンターもお客さんで埋まってし...