火災保険

2019年10月に火災保険は値上げされます!

火の画像

はじめに

2019年10月に民間の損害保険を扱っている各社は、一斉に火災保険の保険料を値上げします。

全体としては、5.5%程度値上げされ、具体的な金額は地域と建物の構造によって異なります。

この記事では、2019年10月になぜ火災保険が値上げされるのか、その理由と値上げの前にできる対策を解説していきます。

なぜ火災保険は値上げされるの

2019年10月に保険料が値上げとなるきっかけとなったのは、損害保険料率算出機構が2018年5月にニュースリリースした「参考純率改定のご案内」が出されたことがきっかけです。

この資料を見ると近年の災害の増加による保険金の支払いが増えているために保険料率を引き上げます。と書いてあります。

確かに

・2016年の台風10号の迷走による大きな被害や動燃の梅雨前線の停滞による

・2017年の九州へ大きな被害をもたらした豪雨

などにより、近年の日本列島は災害により大きな被害を受けています。

このため、冒頭でもお話しした通り、災害が起きて建物などに損害が起きると、その損害を修復するために使われるのが火災保険なのです。

合わせて2019年は消費税が10%に引き上げられることも決まっていますので、2020年以降にも火災保険の保険料は値上げされることが予想されます。

値上げの前に保険に入りなおそう!

すでに長期の補償で火災保険に加入してしまっている人も、値上げ前に火災保険の見直しができるのは、2019年9月までです。

必ず、見直しをした後に保険を乗り換えなければいけないということはありませんので、この機会にぜひ火災保険を見直してみましょう。

火災保険の見積もりするときのポイントを以下に記載しておきますので、火災保険を見直す際の参考にしてみてください。

今の保険料を確認してみよう

火災保険の保険料は多くの場合が長期一括払いとなっています。昔一括で払ってしまったから覚えてないという方は「保険証券」に保険料は必ず記載していますので確認してみてください。

また、この保険証券を確認した時に「年払い」という記載があれば、保険を見直すタイミングで、「長期一括払」に変更してみてください。

割安な保険料のまま10年間は補償が継続できるようになるうえ、年払いにしていた時よりも合計保険料をより安くすることができます。

一応、2019年10月以降の保険料は確認しよう

ほぼ確実にどの地域に住んでいても火災保険の保険料はあがります。

しかし、ごく一部の災害の少ない地域は保険料が安くなる場合があります。

保険会社によっても火災保険の料率は異なりますので、どこの地域の保険料は安くなるとは断言できません。

詳細は知りたい方は、近所の保険相談カウンターに火災保険の見積もりに出かけてみてください。

まとめ

ほとんどの方は保険については、あるきっかけがあって加入を検討する時や、実際に保険を使う時にしか保険のことは考えません。

そのため、この記事をたまたまご覧いただいたあなたはとてもラッキーなのです!

特に10年分保険料を一括で払っている方は、その金額も決して小さなものではありません。

ぜひ、この記事をご覧いただいた方には保険料が値上げしてしまう前に、火災保険の見直しを検討していただけると幸いです。