得する保険の相談

海外旅行でスマホが盗まれた。。。保険って使えるの?

路地裏の画像

はじめに

海外旅行に行った時にスマホやパソコンが盗まれてしまうということは多くあります。

日本ではそのようなことはめったに起こらないことですが、海外では日常茶飯事です。

そんな時に使えるのが、海外旅行保険の

「携行品損害特約」です。

この特約を付けていることで、海外旅行に行くためにあなたが持って行っているものが「壊れてしまった」や「盗まれてしまった」などとなってしまった場合に、このスマホなどの買い替え費用を保険会社が払ってくれます。

しかし、保険会社の補償といっても何でもかんでもお金が出るわけではないです。

この記事では海外旅行保険の「携行品損害特約」の上手な使い方を解説していきます。

海外旅行保険が使える場合と使えない場合

海外旅行で自分のものが壊れてしまったや盗まれてしまったなどの状況の場合でも保険会社からお金が出る場合とでない場合があります。

保険が使えるときと使えない時をそれぞれ見ていきましょう。

使えない場合

・無免許運転、酒気帯び運転、麻薬等を使用しての運転中に発生した持っているものの損害

・保険の対象となるもの性能の欠如や自然消耗やさび、変色、虫食い(要するに普通に使っていて起こる変化など)

・携行品の置忘れまたは紛失

・置忘れまたは紛失の後に盗まれてしまった場合

・業務用に借りている所有物の盗難、損壊

使える場合

海外旅行中に携行品(自分のもの)が盗難、破損、火災等の偶然な事故にあって損害を受けた場合

携行品とは

カメラ、カバン、スマホ(自分のもの)、衣類等の身の回りの物

携行品とならないもの

現金、小切手、クレジットカード、プリペイドカード、電子マネー、商品券、定期券、義歯、コンタクトレンズ、稿本、設計書、図案、証書、帳簿等の書類、データ、ソフトウエア等の無体物

これらのものは携行品損害特約の対象とはなりませんので注意してください。

使用できる金額には限度があります

ほとんどの保険会社で、携行品損害が使える金額に上限を設定しています。

その条件は

「携行品1個、1組または1対あたり10万円まで」

とされています。

そのため高価なスマホで14万円のものが盗まれてしまった場合は、10万円まで保険会社がお金を出してくれて、残りの4万円は自分で出さなければいけないことを事前に理解しておくとよいでしょう。

保険に入っていることが前提です

ここまで海外旅行保険についている「携行品損害特約」の使える場合と使えない場合をお話してきましたが、この特約を使えるのは「海外旅行保険」に加入していることが前提です。

海外旅行保険のルールは

「日本を出発してから日本に帰るまで」

なので、旅行に行った後で、スマホを盗まれちゃったから保険に入りたいと申し込みをしようとしてもどの保険会社も申し込みを受け付けてくれることはありません。

必ずりょこうの前にはネットもしくは空港の海外旅行保険の加入窓口で海外旅行保険に加入しておくようにしましょう。

まとめ

海外でのトラブルの多くは「自分には起こらないだろう」と思っている人の所に突然起こります。

海外で何かトラブルが起きても困らないように「お守り」して海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。