がん保険

医療保険にがんの特約はつけるべき?

はじめに

医療保険として売られている保険商品の多くが

医療+がん特約

という入り方ができて、一つの医療保険に加入するだけで、がんの保障もはいれてしまうという保険が多くあります。

しかし、その加入方法はいったん考え直していただきたいです。

なぜなら、医療+がん特約で医療保険に加入してしまうとあなたが損をしてしまう可能性があるからです。

この記事では医療+がん特約の加入方法がなぜあまり良くないのかについて解説していきます。

医療保険は医療保険、がん保険ががん保険で入りましょう!

医療保険はいろいろな病気になった時全般で保障の得られる保険です。

がんの特約はあくまで「特約」というおまけなのです。

保険会社によってはこのがんの特約で一度お金をもらったら二度目はもらえずこの特約は消滅してしまうという保険会社もあります。

トータルの保険料としても医療+がん特約の方が医療保険+がん保険で保険に加入するよりも保険料は安くなりますが、やはり通常の病気よりもお金のかかる「がん」を特約というおまけだけでカバーしようとするのはいざ病気になった時にお金が足りない状態になってしまう可能性もあります。

保険料は少し高くなるけど、その分保障は充実します!

医療保険は医療保険で保障を充実させて、がん保険はがん保険で加入して、保障を充実させましょう。

がん保険単体で加入する魅力は、

・がんになったら保険料を払わなくてよくなる(保険料免除特約)

・がんの三大治療 1.手術2.抗がん剤3.放射線治療に確実に対応してくれてしかも再発や転移にまで保険金を出してくれる保険会社もある

・がんが末期の場合には「緩和ケア」(痛みなく最期を迎える方法)にもお金を出してくれる

「がん保険」はすでにあるがん治療をもとに保険が作られているため、現代のがんとがん治療にしっかりと備えられる保険なのです。

実際にがんになった時にしかその良さを感じることはできませんが、いざ病気になった時に入っていてよかったと思えるのは

「医療保険」+「がん保険」の入り方です。

まとめ

毎月払うお金は最初の段階で低くしておかないと下げることはできないという気持ちもよくわかります。

しかし、他の保険の「保険金額」や「保障内容」を削ることは節約のために良いことであると思いますが、「がん保険」だけは医療保険のついでに「特約」で含めることなく、必ず「がん保険」だけで入ることが、数十年後のあなたにとって大きな助けとなることでしょう。

 

病院の先生の画像
日本人の半分以上は「がん」になるって本当?はじめに テレビで流れる保険のCMでよく見る 「日本人の2人に一人の人はがんになります」 この言葉を聞いたことのある方は多...