医療保険

医療保険・生命保険で告知は正しく行いましょう!

ウソをつこうか考える男性

はじめに

医療保険や生命保険に加入するときに必ず行わなければいけないのが、「告知」です。

保険会社によって質問される内容は若干異なりますが、

・2年以内に手術をしましたか?

・1年以内に入院しましたか?

・最近病院に通院してますか?

などあなたの直近の健康状態についての質問がされます。

この記事ではこの「告知」の重要性、ウソの申告をしたらどうなってしまうのかなどについて、解説していきます。

告知とは自分の体の状態を保険会社に伝えることです

告知とはあなたの2~3年前から今の健康状態を保険を契約をする時に「告知書」の質問事項に答えて告知を行います。

この告知をする意味というのは、

もしも体の調子が悪い人が多く保険に加入をしてしまうと保険会社はたくさんの保険金をその「体調の悪い人」たちだけに多く支払うことになりますし、健康な人たちは自分たちは保険金をもらうことができないのに毎月保険料だけ納めなければなりません。

この不公平な状態にならないようにするために、「告知」行ってて体調のすぐれない人には高い保険料や、保険に加入させない謝絶などの対応がされます。

この制度は保険の運営を安定的にかつ公平に行うために必要な制度なのです。

告知義務違反をするとどうなるの?

この告知を正しく行わないことを「告知義務違反」といいます。

告知義務違反をすると

・保険金、給付等の病気や死亡が発生してもお金が支払われない

・保険料の払い込み免除事由が起きても払い込み免除がされない

・重大な告知違反があり、「詐欺による取り消し」となっ場合、保険契約がなくなるのと同時に、払った保険料も戻りません

これだけ厳しい対応となるとウソをついてまで保険に入るメリットはないと言えますね。

保険販売員が告知しなくてよいと促すのも法律違反です

あなたがもし2年以内に病気になっていて、それを正直に告知しようとしたところ

保険の販売員の人が

「それぐらいならウソをついてもばれませんよ」

と言ってくることがたまにあります。

しかし、これは「不告知教唆」という立派な法律違反で、あなたが病気になった時は保険会社からお金がもらえなくなる可能性は、高くなりますし、この保険代理店は最悪の場合は「業務停止」となるほどの違反なのです。

合わせてこのような不告知教唆をしてくる販売員はあなたに対して都合のいいことばかりを言ってきて、実際に加入させる保険内容はあなたの考えに沿わないものである可能性がかなり高くなります。

保険の良いことばかりをいって、「あなたの話を聞かない」「保険の悪い所」は言わない販売員から保険に加入するのは避けるようにしましょう。

まとめ

告知は保険申込をする際の重要な要素の一つです。

きちんとした販売員の方であれば、あなたが告知書を書く前に

・告知の重要性

・虚偽の告知による不利益

などの説明をしてくれます。

この説明をしっかりと聞いて、ウソ偽りのない告知をするように心がけましょう。