医療保険

たばこを吸わない人は保険料が安くなる医療保険!?

ネオde医療パンフレット

はじめに

健康な人も少し健康に不安のある人も「告知書」に書かれている質問に最近病気になったことはないと書いてしまえば、みんなが同じ保険料になってしまいます。

しかし、ネオファースト生命の「ネオde医療」という商品はたばこを吸っていない人や、たばこを吸っていてもBMIの基準値をクリアすると健康保険料率が適用されて保険料が安くなります。

この記事では健康な人が保険料で得する「ネオde医療」について解説していきます。

ネオファースト生命を知っていますか?

まずはこの保険を売っているネオファースト生命について少し紹介します。

1999年にディー・アイ・ワイ生命保険株式会社として発足したこの会社は2014年に第一生命の買収され100%子会社となり会社名を「ネオファースト生命」に変更し保険代理店向け商品を扱う会社として生まれ変わりました。

健康な人が得する保険「ネオde医療」

ネオde医療の最大の特徴である「健康保険料率」が適応される条件を以下に記載します。

健康保険料率適用条件

・たばこを吸っていない人(非喫煙者)

※たばこを吸っているかどうかはコチニン検査キットという1年以内にたばこを吸っていたかそうでないかを調べる検査があります。

・たばこを吸っているがBMIが18以上27未満の人

このどちらかの条件をクリアできると健康保険料率が適用されてお得に保険に入ることができるのです。

実際に保険料を比べてみましょう

30歳男性

・たばこを吸わない人

保険料:毎月1,465円

・たばこを吸ってかつBMIが27以上の人

保険料:毎月2,215円

※保障内容は「入院日額5,000円」+「手術給付金Ⅰ型外来10万円」に統一しています。

健康な人とそうでない人で、毎月750円も保険料に差が出るのです。

750円×12ヵ月(1年間)=9,000円

30年同じ保険料を払い続けていたとしたら

9,000円×30年=270,000円です。

健康なだけで27万円も得できる保険というのは医療保険を検討する際の候補に加えたい商品であると言えます。

自由に特約を付けられるのもこの保険の魅力です!

この保険は主契約と言われる部分が

「入院したらいくらもらえる」といいわゆる入院日額の部分のみとなっています。

そのため、つけたくなければ手術の保障もつけなくてよいのです。

選べる特約は以下の通りです。

特約一覧

・手術保障特約

・先進医療特約

・入院一時給付特約

・がん診断特約

・がん通院特約

・抗がん剤治療特約

・三大疾病一時給付特約

・特定疾病保険料払い込み免除特約

・女性疾病保障特約

・通院特約

・治療保障特約

この11種類の特約の中から自分の希望する特約を付けることができます。

まさに自分オリジナルのオーダーメイドの医療保険に加入することのできるイメージです。

まとめ

現在、では他の保険会社でも「健康であれば保険料を割引します」とうたっている保険会社は多くあります。

しかし、他社の商品になるとやはり主契約の部分に入院+手術+三大疾病一時金など多くのものがはじめからついていて、自分の予算や考えに合わない場合が多くあります。

このネオファースト生命の商品であれば、健康な人は保険料はやすくなり、かつ自分のつけたい保障を選べるというのは保険を考えるうえでは非常に魅力的な内容であるとおもいます。

ぜひ医療保険を考える際はネオファースト生命の「ネオde医療」を候補の一つにいれて、検討してみてください。