得する保険の相談

余命宣告されたら保険がもらえるって本当?

余命宣告する医者

はじめに

余命を宣告されてしまった時に、残り時間を有意義に過ごしたい、好きな所に行ってみたい、という気持ちになるのは当然の心情だと思います。

しかしお金がなくてやりたいことができずに、残りの時間を過ごすことはとてもさみしいことです。

もし、あなた、もしくはあなたの家族が余命宣告されてしまった時には生命保険の「リビング・ニーズ特約」を使うことを検討してみてはいかがでしょうか?

この記事では余命を宣告されてしまった時に使うことのできる「リビング・ニーズ特約」について解説していきます。

生命保険にはリビング・ニーズ特約が付いています

「リビング・ニーズ特約」が使える条件は

お医者さんから「あなたの余命は6ヵ月以内です」と伝えられた時です。

この「余命宣告」を受けることによって、「リビング・ニーズ特約」を使うことができます。

この特約を使うと、生命保険であなたの契約している保険金額の全額もしくはその一部を前倒し(亡くなる前)に受け取ることができます。

保険金を一部を受け取った場合は、亡くなった後に残りの保険金額が親族に支払われることとなります。

また一部受け取りの場合は、一部受け取った残りの保険契約が継続される部分については保険料とを払い続けなければいけない点に注意してください。

リビング・ニーズ特約が使えない場合

リビング・ニーズ特約は保険会社の指定する条件にそぐわなかった場合使えないことがあります。

リビング・ニーズ特約を使うことができない場合を確認してみましょう

・免責事由に該当した時

→わざと余命宣告されるような状態になった、もしくは戦争や変乱に巻き込まれてしまった時

・告知内容にウソがあり、契約を解除されたとき

・保険料が支払われず契約が失効した時

・重大な理由により保険が解除された時

・詐欺による取り消しがあり契約が無効となった時

上記のようにあなたに保険会社から保険を解除されるようなことをしてしまった時には、リビング・ニーズ特約を使うことはできません。

反対に、普通に保険に入って普通に保険を使えるような状態であればリビング・ニーズ特約を使うことができるということです。

まとめ

この特約の存在を知らずに亡くなってしまう方もいらっしゃいます。

余命宣告をされてしまった時に残りの時間をあなたの好きなように過ごすことを家族のだれも止めることはないと思います。

残りの時間を少しでも悔いなく過ごせるようにこのリビング・ニーズ特約を頭の片隅に入れておいていただけると幸いです。

黒板を指す画像
生命保険と医療保険の違いを分かりやすく解説!はじめに 世の中に「保険」と名前のつくものが多くあります。 健康保険、年金保険、自動車保険、火災保険....etc この記...