医療保険

女性の保険相談はやっぱり女性にすべきなの?

保険について考える女性

はじめに

保険ショップで保険の説明をしてくれるスタッフは両方います。

それぞれがいろいろな保険に詳しく、普通に保険について相談するには何の問題もなく相談することができるでしょう。

しかし、女性が医療保険を考えるときに気になるのは

「女性特有の病気に対する保障」です。

本当はこの保障について真剣に相談したいのに男性のスタッフが担当だと聞きづらいこともあると思います。

男性のスタッフでも十分納得のできる説明を受けることができるのか、やはり女性のスタッフに相談した方がいいのかを解説していきます。

男性の保険販売員の説明の仕方

男性スタッフの保険の説明の仕方は、とても合理的かつ順序だった説明をする人が多いです。

どんな保険に入りたいのか→

その保険に入るときに合わせて考えたい国の保障はこんなのがある→

国の保障と組み合わせるとこれとこれとこの保険がおすすめ→

「それでは保険の見積もりをしてみましょう」

という流れで、お客様の疑問→国の保障についての説明→保険の説明という流れでお客様に納得してもらうという話し方をする人が多いです。

女性の医療保険の相談をするならやっぱり女性に

一方、女性のお客様と女性のスタッフの場合、「悩みの相談→共感→解決方法としての保険の提案」という方法で説明することが多いように感じます。

この場合の悩みというのは、がん家系でお母さんやおばあちゃんが乳がん(乳癌)で亡くなってしまったですとか、親族が子宮系の病気にかかってしまったなど、身近でそういった話を聞くと

「自分もそのようになってしまうのではないか」

「女性特有のがんにかかったらいったいいくらかかるんだろう」

など女性ならではの悩みをもって保険の相談にいらっしゃる方が多いです。

そうなった時の相談相手が女性スタッフであれば同じ女性同士話しやすいですし、女性スタッフ自身も乳がんや子宮系の病気を身近なものだと考えて、多くの情報を収集しています。

やはり、女性の病気が気になって医療保険の相談をするとなったら女性のスタッフに相談するのが一番良い選択であると言えるでしょう。

女性の保険販売員に相談する方法

保険ショップのホームページを見ると多くの保険ショップがどのような人が説明してくれるのかがわかるように顔写真と名前を掲載しているお店が多くあります。

「最寄りの駅名 保険相談」

などで検索すると多くの保険ショップが出てくると思うので、ぜひのぞいてみてください。

そして、近くの保険ショップで女性スタッフのいるお店を見つけたら「指名」で予約を取ってしまいましょう。

多くの保険ショップがシフト制で運営されていますが、電話をかけてみるとそのスタッフの出勤予定を教えてくれます。

ぜひ予定を合わせて一度足を運んでみてください。

まとめ

保険加入するということは、作業としてはとても簡単なことではありますが、一度加入すると一生の付き合いとなる商品です。

その保険加入に向けての相談を「モヤモヤ」させたまま終わらせて契約してしまうことは必ず後から後悔することとなってしまいます。

自分がきちんと理解した上で保険に加入できるように、女性の方はぜひ予約を取って女性スタッフに相談することをおすすめします。

 

振り向く女性の画像
女性の医療保険を選ぶ時に注意すべき【3つ】のことはじめに 多くの女性が医療保険を検討する上で重視しているのが、 女性特有の病気についての保障がつけられるかどうかです。 実...