がん保険

【がんの予防法5選】これだけ守ればがんの可能性は大きく下がります!

健康のために運動する女性

はじめに

がんになってしまったら、つらく手厳しい闘病生活がまっています。

そもそも痛いのは嫌ですし、がん自体にかかりたくないですよね?わたしも同じです。

この記事ではがんにかからないための簡単な5つの予防法を紹介します。

予防法①タバコは吸わない近づかない!

日本人を対象に行った研究でタバコは肺がんだけではなく、食道がん、すい臓がん、胃がん、大腸がん、膀胱がん、乳がんなどの多くのがんに関連することがわかっています。

喫煙者は非喫煙者よりもがんになるリスクが約1.5倍に高まることがわかっています。

また、他人が吸っているタバコの近くを通った時に煙を吸ってしまういわゆる受動喫煙もがんのリスクを高めてしまうので、なるべく喫煙所の近くや、タバコを吸っている人の近くにはいかないようにしましょう。

予防法②お酒はほどほどに

お酒を多く飲むこともがんのリスクを高めます。

特に食道がん、大腸がんと関連があることが研究によって明らかになっています。

女性の場合は乳がんとも関連があることがわかっています。

酒は百薬の長とも言いますが、多量の飲酒は絶対に体によくありません。

お酒はほどほどに。。。

予防法③バランスの良い食事を心がけましょう

「野菜を食べない」「塩分の取りすぎ」「熱いものをよく食べる・よく飲む」

現代の食文化は欧米化していて、塩分過多の食事であったり野菜の量が少ない食事が多くなっています。

「野菜をよく食べて、塩分を少なくして、熱いものは冷ましてから食べる・飲む」

を意識するだけで、胃がんや食道がんになるリスクを減らすことができます。

予防法④運動をしよう!

運動もまたがんを予防するための重要な要素の一つです。

週1~2回の運動だけでも結腸がん、肝がん、膵がんなどを予防することができるという研究結果が出ています。

予防法⑤体重を維持しよう!

体重維持するという話をすると第一に「太らなきゃいいんですよね?」と言ってくる方がいますが、それは間違いです。

「痩せすぎ」もまた健康を害していしまう原因となります。

体重を維持することにおいてのわかりやすい指標は「BMI」です。

BMI=(体重kg)×(身長m)²

で計算することができます。

男性であればこの値が21~27の範囲内

女性であればこの値が21~25の範囲内

に収まるように体重を維持しましょう。

体重の維持については予防法③、④でお話をした健康的な食事と運動で充分適正なBMIの範囲内に収めることができると思います。

まとめ

この5つの予防法を実践するメリットは「タダ」で健康を維持できる点です。

逆にこの予防法を実践しないで、がんになってしまった場合、治療費で2,000万~3,000万円かかってしまうこともあります。

この予防法は少し意識すれば毎日できることばかりです。

これだけでがんにならずに、3,000万円払わずに済むならかなりお得だと思いませんか?

急に5つすべてに取り組むのが難しい場合は、この中の1つ~2つ実践するだけでもいいですし、あなたが「健康だ」と言える範囲で取り組むだけでも大丈夫です。

少しずつ取り組める項目を増やして健康で長生きできる体づくりをしましょう。

 

病院の先生の画像
日本人の半分以上は「がん」になるって本当?はじめに テレビで流れる保険のCMでよく見る 「日本人の2人に一人の人はがんになります」 この言葉を聞いたことのある方は多...