得する保険の相談

生命保険からお金を借りられる?契約者貸付制度とは?

お金を借りる人

はじめに

急にお金が必要になった時、あなたはどのような選択肢をとるでしょうか?

銀行から借りる、消費者金融から借りるなどの選択が一般的だと思います。

もし、あなたが生命保険に入っていたら、保険会社からお金が借りられる「契約者貸付制度」を選択しに入れてみてください。

この制度により保険会社が一時的にあなたにお金を貸してくれます。

この記事ではそんな「契約者貸付制度」についてわかりやすく解説していきます。

契約者貸し付け制度とは

契約者貸付制度とはお金のたまる生命保険にあなたが加入していて、急にお金が必要になった時に保険会社が一定の額を貸してくれる制度です。

借りるのことのできるお金の限度は、戻ってくる予定のお金の「9割」(保険料払い込み済み)の保険であれば8割が戻ってきます。

あくまで「借りる」お金なので、利息が付きます。

この利息は保険会社それぞれの利率で計算されます。

契約者貸付制度のある保険商品は

貸付制度のある保険は

「終身保険」だけです。

ケーキの画像
基礎の基礎!【保険とは】をわかりやすく解説!はじめに 保険ショップに来店する方の多くが、 「保険のことはわからない」 「保険のことは初めて聞く」 という方が多く...

 

定期保険は掛け捨てで、解約返戻金がないためそもそもあなたにお金を貸すための原資がありません。

終身保険であれば、毎月の保険料から「お金のたまる部分」が発生していますので、その中かから契約者の人がお金が入用になった時に契約者貸付ができるのです。

借りたお金を返さないと保険がなくなってしまいます。

この制度は「貸付制度」なので、借金と同じです。

基本的には解約返戻金の範囲内での貸付になりますが、この貸付られた金額の貸付金+利息の額が解約返戻金の額を超えてしまった時に保険会社からお金の振り込み請求が来ます。

この金額を保険会社が指定する期日までに払うことができなければ保険の効力は「失効」といって、保険の効力がなくなってしまいます。

保険の効果として、自分の払っているお金よりも何かあった時に大きなお金をもらうことができます。

これがなくなってしまうのは家族のいる人にとっては大きな打撃です。

これは、若い世代の家族では当然のことですが高齢者夫婦の場合もこの保険を葬儀代などに利用することがあります。

そのため、契約者貸付制度を利用するかどうかは慎重に決めるようにしましょう。

まとめ

保険会社が用意しているこの制度はあくまでも一時的な救済措置です。

万が一、お金返すことができず失効となってしまった時に、同じ保険に同じ条件で加入することはほぼできないと考えられるでしょう。

その理由は

・年齢を重ねて体調が悪くなっているかもしれない

・月日が経過して、入りなおすと保険料が上がる

この二つが同じ保険に加入できない理由です。

保険が失効してしまい、同じ保険にも入ることができなくなってしまう。そうなった時に困るのがあなたになにかあった時に残されてしまう家族です。

契約者貸し付けを利用する時は、利用前にしっかりと金を返せるか計画を立てて、少額の利用にとどめておいてください。

 

黒板を指す画像
生命保険と医療保険の違いを分かりやすく解説!はじめに 世の中に「保険」と名前のつくものが多くあります。 健康保険、年金保険、自動車保険、火災保険....etc この記...