得する保険の相談

火災保険や自動車保険はどこで比較するのがいいの?

保険を比較

はじめに

火災保険や自動車保険を比較する方法は2つあります。

それは

・保険ショップで相談する

・ネットで比較するの

どちらかで保険料を比較することができます。

どちらの方がいい!ということはありません。

どちらにもメリット・デメリットがあります。

この記事ではお店で保険料を見積もってもらう方がいいのか、ネットで見積もる方が良いのかをメリット・デメリットを中心に解説していきます。

保険について何もわからない人は保険ショップで比較しましょう

保険ショップで火災保険や自動車保険を見積もってもらうメリット・デメリットを見ていきましょう

メリット

保険のスタッフがあなたのわからないことや「これは無駄な補償です」「こうしたら保険料が安くなります」

とアドバイスをしてくれて、保険のスタッフを交えてスムーズにどうすれば良いかを決めることができます。

デメリット

デメリットはお店に足を運ばなければいけない点です。

そして、仮にお店に足を運んでも予約をしておらずお店のカウンターが満席で入れないということがあります。

しっかりと話を聞きたい場合は必ずネットや電話で予約を取ってから相談に行くようにしましょう。

すでに保険に加入していて内容がわかっている人はネットの比較でOK!

メリット

すでに火災保険や自動車保険に加入していて保険の内容は大体わかっているということであればネットの保険料比較でも十分です。

ネットであれば自宅で、すぐにいつでも比較することができます。

お手元に今入っている保険の「保険証券」さえあれば、今と全く同じ補償で保険料がいくらになるのかを試算することができます。

デメリット

それでもやはりデメリットは「わからないことが出た時」です。多くのネット保険のサイトには「Q&A」や0「よくある質問」などで回答を用意してくれていることもあります。

保険会社によっては専用のダイヤルに電話することによって、質問に答えてくれるところもあります。

しかし、この電話がつながりづらかったり、プッシュボタンを押すのがめんどくさいとなってしまうと、わからないことが解決できないまま保険の比較をしなければならないというのはデメリットであると言えるでしょう。

ネット保険→保険ショップという相談方法

この二つの比較方法を組み合わせるというてもあります。

まずはネットで比較してみて、安そうな保険会社をいくつかピックアップしてみて、その保険会社を扱っている保険ショップに行ってわからないことやここをもっとこうした方がいいなどのアドバイスをもらう。

そうすることによってプロの意見が加わって、安くてより良い保険に入ることができると思います。

まとめ

自動車保険は一年に一回更新のタイミングがやってきます。

更新の時期が近づいてくると「今年は見直ししてみるか」と思ってもついつい後回しにしてしまって結局同じ保険会社で同じ内容で更新してしまうことが多いと思います。

この記事を読んで頂いた方は「今年はちゃんと見直そう!」と思って読んで頂いている方が多いと思います。

ぜひ、この機会に火災保険や自動車保険を比較してみて、少しでも保険料の安い保険会社に乗り換えてみてください。