社会保険

遺族基礎年金はどれぐらいもらえるの?もらえる条件はあるの?

遺族の写真②

はじめに

遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2つがあります。

この記事では、「遺族基礎年金」もらえる要件ともらう時に必要な書類などについてを解説していきます。

遺族基礎年金の支給要件

遺族基礎年金のもらえる条件は「日本年金機構のホームページ」に詳しく掲載されています。

その条件を抜粋して紹介します。

遺族基礎年金支給要件:

①被保険者または老齢基礎年金の受給資格が25年以上ある者が死亡した時。(ただし、死亡したものについて、保険料納付期間(保険料免除期間を含む)が加入期間の3分の2以上であること

②ただし、令和8年4月1日前の場合の死亡日に65歳未満であれば死亡日の属する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。

日本年金機構HPより抜粋

これが、遺族基礎年金の支給要件です。

また受け取ることのできる対象者にも制約があります。

遺族基礎年金受け取り対象者

①子のある配偶者

②子

子とは次のものに限ります。

18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子。20歳未満で障害等級1級または2級の子

           日本年金機構HPより抜粋

特に子どもについての条件はよく確認しておきましょう。

遺族基礎年金の受け取ることのできる額は一律で決まっています。

その金額は

780,100円+子の加算

は「子の加算」とは子どもの人数によってもらえるお金がプラスされるということです。

具体的には、

第一子・第二子までは各224,500円です。

子どもが一人であればもらえるお金は

780,100円+224,500円=1,004,600円

子どもが2人の場合は

780,100円+224,500円+224,500円=1,229,100円

となり、子どもの数が増えれば増えるほど国からもらえるお金の額は増えます。

子どもが3人以上いる家庭であれば、3人目から各74,800円ずつが上乗せされて遺族基礎年金を受けることができます。

受け取り時に必要な書類

遺族基礎年金の受け取りに必要な書類は下記の通りとなります。

・戸籍謄本

・世帯全員の住民票の写し

・死亡者の住民票の除票

・請求者の収入が確認できる書類(所得証明書、課税証明書など)

・子の収入が確認できる書類(義務教育終了前は不要)

・市区町村に提出した死亡診断書

・受取先金融機関の通帳等

上記の書類を市町村の役場に提出することによって遺族基礎年金を受け取ることができます。

不備があるといつまでも遺族基礎年金を受け取ることができませんので、手続き予定先の役場に向かう前に電話で事前に必要書類を確認しておきましょう。

まとめ

配偶者の方が亡くなってしまって気が動転している間は、こ手続きをすることは少し難しいと思います。

気持ちが落ち着いてから、市役所や区役所に問い合わせをしながら確実に遺族基礎年金を受け取ることができるように手続きを進めていきましょう。