社会保険

遺族年金とは?を分かりやすく解説!

はじめに

遺族年金とは、あなたの旦那さんもしくは奥さんが亡くなってしまった場合に受け取れる国からの年金です。

この遺族年金を受け取ることができるのは、年金保険をきちんと払っている人です。

この記事では、この遺族年金についてわかりやすく解説していきます。

遺族年金とは

遺族年金とはあなたのパートナーが亡くなってしまい、国の定める基準を満たした時に受け取ることのできる年金のことです。

この基準というのは

「配偶者が亡くなってしまった時に時に、二人の間の子どもが18歳未満の時、もしくは亡くなってしまった人によって生活を支えられていた55歳以上の夫、父母、祖父母」

です。残された人がこの要件のいずれかに当てはまった時に遺族年金を受け取ることができます。

また、遺族年金には2種類あり、

「遺族基礎年金」

「遺族厚生年金」

があります。

この二つについてそれぞれ見ていきましょう。

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、20歳以上の全国民が加入することとなっている「老齢基礎年金」をきちんと支払っている人に向けて支払われる遺族年金です。

具体的には

「老齢基礎年金を受け取る資格のある人が25年以上年金を支払い続けている場合」

この25年以上基礎年金を払い続けた人が、亡くなってしまった時にその家族は遺族年金を受け取ることができます。

 

遺族の写真②
遺族基礎年金はどれぐらいもらえるの?もらえる条件はあるの?はじめに 遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2つがあります。 この記事では、「遺族基礎年金」もらえる要件ともらう時...

 

遺族厚生年金

遺族厚生年金は遺族基礎年金と同様に受給資格期間が25年ある人が受け取ることができます。

また、保険料払い込み期間の3分の2以上保険料をきちんと納付していれば、遺族厚生年金を受け取ることができます。

また、厚生年金自体が老齢基礎年金の上乗せとしての年金機能があります。

遺族厚生年金も同様に遺族基礎年金+遺族厚生年金という受け取り方をすることができます。

遺族の写真①
遺族厚生年金はどれくらいもらえるの?条件はあるの?はじめに 遺族厚生年金は通常の厚生年金と同様、企業に勤めている人が基礎年金+厚生年金を支払っている状態で、亡くなってしまった時に遺族基...

 

遺族年金をもらえるのは年金を払っている人です

遺族基礎年金も遺族厚生年金も受け取ることのできる要件に

「受給資格期間」

「保険料納付済期間」

などの「保険料をきちんと払った人に対して遺族年金を払います」とい条件が書いてあります。

そのため、毎月の年金の支払いをしないで滞納していたり、払うのをやめてしまったりしていると、いざ旦那さんや奥さんが急に亡くなってしまった時に、普通だったら国からもらえるはずだったお金が無くなってしまうのです。

自分の年金の加入状況を確認してみよう!

「自分が年金をしっかり支払っているかどうかわからない」といいう方は確認の方法が2つあります・

「ねんきん定期便の確認」

「市役所・区役所に行って確認」

ねんきん定期便はあなたの誕生日が近くなると自治体からはがきで送ってきます。

この年金定期便には現在の年金の支払い状況や将来の年金受取についてのシュミレーションが記載されています。

ぜひ、一度捨てずに中身を開いてみて確認してみてください。

すぐに自分の支払い状況を確認したいという方には、

「市役所・区役所の年金課に行く」

という方法がおすすめです。

この方法であれば対面で役所の人が親切にあなたの年金支払い状況を教えてくれます。

市役所・区役所に行く場合には注意点が2つあります。

それは、

「平日にしか行けない」

「身分証明書を持参する必要がある」

です。当然のことながら市役所・区役所は朝の9:00~午後5:00頃までしかやっていません。役所の担当者に話を聞きたい場合は平日に休みを取る必要があります。

また、昨今は個人情報保護にも厳しい世の中になっていますので、簡単に個人情報を教えてはくれません。

あなたの情報開示する時は、免許証などの身分証明書が必要になる場合がありますので、必ず持参してから役所に行くようにしましょう。

まとめ

通常の年金については多くの方が理解しています。

しかし、遺族年金についてしっかりとした知識がある方は多くはありません。

もし、あなたの配偶者や周りの方で亡くなられてしまった方がいる場合にはこの記事を参考にして、きちんと遺族年金を受け取れるように準備をしてください。