得する保険の相談

収入保障保険の保険金額は遺族年金との組み合わせで考えよう!

保険について考える人

はじめに

収入保障保険を考えるときに保険のスタッフのよくある提案方法として、

「毎月の生活費が足りるくらいになるように保険金額を設定しましょう」とアドバイスをしてきます。

しかし、この考え方には足りない部分があります。

この記事ではそんな収入保障保険の加入を考えるときに無駄なく加入することのできる考え方を解説していきます。

収入保障保険の保険金額の考え方

収入保障保険の考え方で絶対に必要な要素は

「遺族年金がいくらもらえるか」

です。

普通に収入保障保険に加入すると旦那さんが亡くなった時に毎月「20万円」もらえる保障に入ることになります。

すると毎月払うべき保険料は4,000~5,000円となります。

反対に、遺族年金を考慮した場合は毎月の保険料を2,000~3,000円の間に収めることができます。

年で考えるとしっかり遺族年金を考慮した場合は、24,000円ぐらい安くすることができます。

それでは収入保障保険と遺族年金の組み合わせ方を見ていきましょう。

Aさんの家族は夫婦2人子ども1人計算3人の家族です。

毎月の生活費は30万円かかっています。

この時大黒柱であるAさんが急な心臓病で亡くなってしまいました。

この時にまず残された奥さんと子どもが一人の場合、国から遺族厚生年金として12万円がもらえます。

また、収入保障保険にも加入していて、保険から毎月10万円もらうことができます。

今までの生活費30万円から、家のローンと旦那さんの食費等を差し引いて必要な生活費を考えます。

30万円-家のローン5万円-旦那さんの生活費3万円

=22万円

この22万円が今後の生活費として必要な金額です。

さて、先ほどの国からもらえる遺族厚生年金と収入保障保険の金額を足すといくらになるでしょうか?

遺族厚生年金12万円+収入保障保険10万円

=22万円

ちょうど必要な生活費と同じ金額になっているのがお分かりいただけたと思います。

この収入保障保険の加入の仕方であれば無駄なく万が一の時のための保障に加入することができるのです。

ここで、一つの疑問として

「別に亡くなった時に月20万円もらえる設定にしてもいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、この収入保障保険は大きな枠でみると、「定期保険」の範囲に入ります。

定期保険というのいわゆる掛け捨ての保険で、保険が満期となっても戻ってくるお金がない保険です。

この保険に対して余分な保険料を払ってしまうことは、旦那さんが健康で、保険の満期まで亡くならなかった時は全て捨て金となってしまいます。

そのため国の制度と保険を上手に組み合わせて保険に入ることが賢い選択と言えるのです。

今回はあくまで例として説明するために、3人家族を想定してお話ししましたが遺族年金は子供の人数や「遺族基礎年金」をもらうのか「遺族厚生年金」をもらうのかによって国からもらえるお金の額はかわります。

収入保障保険を考えるときには自分は「自営業」なのか「サラリーマン」なのか、子どもは何人いるのかをしっかりと保険のスタッフに伝えて、収入保障保険の相談をするようにしましょう。

まとめ

昔は定期保険で加入することが多かった大きな金額の死亡保険ですが、こうりょし収入保障保険がでてきてからは琴の保険で万が一の時の生活費をまかなうことが主流となっています。

ぜひ、この記事の考えたを使って無駄のないように収入保障保険に入れるよう考えてみてください。

収入保障保険とは?を分かりやすく解説!はじめに 収入保障保険とは生命保険のひとつです。 この保険は昔ながらの旦那さんが亡くなってしまった時にお給料の代わりとなる保険を...