自動車保険

もらい事故では保険対応してくれないの?

はじめに

車を運転しているとまれに自分が停車しているにも関わらず、相手に突っ込んでこられるいわゆるもらい事故というものがあります。

もらい事故は基本的にあなたには過失がありません。

あなたに過失がない事故の場合は保険会社は基本的に事故対応を行ってくれず、相手方が任意の自動車保険に入っていた場合に車の修理費用の保険金などを受け取ることができます。

この記事ではそんなもらい事故にあってしまった時の対処法や保険では対応できないのかについて解説していきます。

自動車保険は過失のある時に対応してくれます

自動車保険に付帯することのできる「弁護士費用特約」も基本的にはあなたがもらい事故にあってしまって過失が0の時には保険対応を行ってくれません。

弁護士費用が使えるのは、相手方に損害賠償請求をするため弁護士にお願いする場合や、法律の相談を行う時です。

特約でもらい事故に対応できるようにすることもできます

昔はこのような保険契約は、特に内容が改善することなく更新されていましたが、最近の自動車保険ではこの自動車保険の穴を埋めるような特約を付帯することができます。

保険会社によって名称は異なりますが、

「もらい事故アシスト」※東京海上の場合

などの名称で弁護士費用特約を自動車保険につけることでこの特約も自動でついてきます。

この特約が付帯できるかどうかは各保険会社で異なりますので、ご自身の加入している自動車保険の内容を確認して付帯されていなければ、このもらい事故アシストを付帯することのできる保険会社に切り替えることも検討しましょう。

車両保険も必ず「一般条件」で加入しよう

車両保険も保険料を安くするために

「車対車」の事故のみを補償する車両保険に加入しているといざという時に保険がでない場合があります。

特に当て逃げ(車をぶつけられた時に相手方のナンバーがわからない場合)はせっかく買った大切な車を自費で直さなければいけなくなり思うわぬ出費が発生してしまいます。

大切な車をしっかりと補償できるように車両保険は「一般条件」で加入するようにしましょう。

まとめ

あなたを含めて一般の方は保険のプロではありません。

そのため、しっかりと加入できていると思っている保険に思わぬ落とし穴や抜けている点があるのはよくある話です。

この記事でのもらい事故が補償されない保険に加入しているのが代表的な例です。

保険について今どのような加入状況かわからない、内容について教えてほしいと思うことは多くの方が考えることですし、全く恥ずかしいことではありません。

ぜひ自動車保険について確認してみたいと思ったら近くの保険ショップに足を運んで相談してみてください。