得する保険の相談

ゴルフ練習場のポールのせいで家が壊れたら直すためのお金は払ってもらえるの?

2019年9月に発生した台風15号の影響で千葉県市原市にあるゴルフ練習場のポールが倒れて民家を直撃しました。

残念ながらゴルフ練習場のポールが民家に直撃した場合には、このゴルフ練習場から家を直すための賠償金は支払われません。

なぜなら賠償金を支払うためには、「このゴルフ練習場に責任があったこと」を証明しなければならないためです。

千葉県市原市のゴルフ場がポールを家に直撃させても賠償金を支払わなくてよい理由

ポールを家に直撃させられた人の心情としては

「壊したのはあなたのゴルフ場のポールなんだからあなた達が弁償してよ」

という気持ちになるのは当然です。

しかし、このゴルフ練習場が賠償保険に入っていた場合に今回のような台風でポールが倒れてしまった場合には賠償金を支払わなくて良いのです。

なぜなら、「建築設計に問題がなかったから」です。

この市原市のゴルフ練習場のポールの建築設計に問題はないとされています。

そして、今回ポールが倒れてしまった原因は「台風による強風」です。

もし、建物の建築設計に問題があった場合にはもちろんゴルフ練習場を運営する会社に責任があるので、家を破壊されてしまった人たちへは賠償されます。

しかし、今回のような台風でポールが倒れた場合には法律的に見た時に

「ゴルフ練習場は悪くない」とみなされてしまうのです。

そうなった時にあなたにできることはどのようなことがあるのでしょう。

火災保険に加入して、自分のことは自分で守らなければいけないのが今の世の中

あなたにできることは「しっかりと火災保険に加入すること」です。

火災保険に加入していれば、今回のような台風でゴルフ練習場のポールが倒れてきても、「風災」の部分や「物体の飛来・衝突」という項目で家を直すための保険金を保険会社が支払ってくれます。

ここで注意しなければならないのは毎月払う「保険料」をケチって「火事の時だけ」お金が出るように保険加入することは絶対に避けましょう。

あなたが持ち家を持っているのだとしたら、このような思わぬ事故が起きても対処できるように問答無用で「オールリスク」の火災保険に入るべきです。

まとめ

今回の市原市のゴルフ練習場のポールが家に倒れてきてしまった方々のことを考えるととても胸が苦しくなります。

このような事故を見た時に他人事で済ませてしまってはいけません。

あなたのお家にもいつ何が起こるかなど誰にも予測できないのです。

今、持ち家で火災保険に入っていない方は「何か」が起こる前に早急に火災保険の検討を、すでに火災保険に加入している方は「オールリスクかどうか」を一度保険のプロに相談することをおすすめします。