得する保険の相談

台風で車が水没してしまった時は自動車保険で対応してもらえます!

台風で川などが決壊して家の周辺が水没してしまうと、当然あなたが所有している車も水没してしまいます。

そんな時にあなたが自動車保険で「車両保険」をつけていれば保険で対応してもらうことができます。

今一度あなたの自動車保険の「保険証券」に車両保険がついているかどうかを確認してみてみましょう。

家事や台風で被害にあったら保険会社に保険金をもらえるか相談してみましょう

台風で車が故障したなどした場合は「車両保険」を付けていれば保険で対応することができます。

日本の保険会社の多くが自動車保険の保険プランを2つ用意しています。

そのプランは

・一般条件

・エコノミー車両保険

です。

一般条件とはオールリスクの保険と言われていて、あなたの車が保険会社「免責」としている事項以外で壊れてしまったすべての場合で保険金がおります。

一方、エコノミー車両保険は「自損事故」と言われる、相手のいないガードレールへの衝突、車庫入れに失敗などの自分のミスによって自分の車を傷つけてしまった時には保険の出ないものとなっています。

エコノミー車両保険でもあくまで「自損事故」の場合のみ保険がでないものとなっているので、台風の影響で、車が故障した・動かなくなってしまったという時には保険会社修理費用や車の買い替え費用を保険金として支払ってくれます。

一点注意しなければいけないのは、一部の保険会社ではこの「エコノミー車両保険」の補償を削り保険料を安くすることのできる保険会社があります。

その中の削る対象として「台風・竜巻・洪水・高潮」を削ることができてしまいます。

保険に入るときに「保険料を安くしたいから」とこの「台風」の部分を削ってしまうといざ、台風が起きて車が壊れてしまった時には保険会社1円もお金を支払ってくれません。

特に地方在住で「車社会」で生活している方は車両保険は特に「オールリスク」で加入するようにしましょう。

車両全損時諸費用特約がついているかも確認してみよう!

車両全損時諸費用特約というの聞きなれない言葉だと思いますが、中古車に載っている方はぜひ自分の自動車保険にはついているかを確認していただきたい補償です。

車両全損時諸費用特約を簡単に説明します。

まず、車両保険というのあなたが契約の当初に設定をした

「車両保険金額」までしか、何かあった時にお金はでません。

例えば車両保険金額が200万円で保険に入っていて車が「全損」となった場合は保険会社から200万円もらえます。

しかし、中古車の場合は型式が古く車両保険金額が「30万円」などのひくい価格で設定されることがあります。※車両保険金額は保険会社の基準にによって決定されます。

車両保険金額が30万円で事故を起こして車が壊れ、修理費用が「40万円」となった時にあなたは10万円自腹をきらなければなりません。

ここで登場するのが、車両全損時諸費用補償特約なのです。

この特約は50万円以下の車両保険金額の車の修理費用が車両保険金額をた時に20万円を上限として、保険金額を上乗せしてくれる特約です。

わかりやすく例を出すと車両保険金額20万円の車で修理費用が40万円かかるとします。

この時に車両全損時諸費用特約が付いていれば

20万円(車両保険の満額保険金)+20万円(車両全損時諸費用特約による上乗せ)=40万円

となり、あなたは自腹が切ることなく、車を修理することができます。

もちろんこの特約は台風で被害を受けた車両でも対応することができます。

まとめ

「保険はよくわからない」「おすすめされるがままにはいったから」と言って多くのお客様が保険の内容を完全には把握できていません。

保険を申し込む時の担当者によって、それがいい方向に転ぶこともあれば悪い方向に転ぶこともあります。

もし2019年の9月や10月に起きた台風が起きた後に「自分の自動車保険では台風が補償されないものになっていた!」となれば目もあてられません。

ぜひ、あなたの大切な車を守るためにも今一度加入している自動車保険の内容を確認してみましょう。