火災保険

物件を退去した後に現状回復の請求をされたら火災保険で対応できないか確認しよう

賃貸物件を退去した後に壁や床に傷があったとして、敷金を超えた部分のお金を請求されることがあります。

そんな時は賃貸物件に入居していた時にかけていた火災保険で対応できないか確認してみましょう。

火災保険を申請するにあたって必要な情報は

・事故の起きた日

・事故の状況が分かる写真

です。実際に保険の請求ができるとなった場合には修繕のための見積もりも必要となりますが、取り急ぎはこの2点を確認できるのであれば保険の対応を依頼すると自腹を切らずに借りていた物件を直すことができます。

⇒火災保険や自動車保険はどこで比較するのがいいの?

多くの火災保険で床や壁の傷を修繕するお金をだしてもらえます

日本で加入することのできる賃貸用の火災保険は「オールリスク」のプランであることがほとんどです。

オールリスクの保険というのはその名の通り、「すべての事象でお金の出る保険」と考えて間違いありません。

特に多く利用されるのが「不足かつ突発的な事故」という部分の補償です。

この補償は「床に物を落としてしまった」「壁に穴を開けてしまった」という時にそれぞれの壁や床を直すために使うことのできる保険です。

この部分を利用することで退去した後に大家さんなどから「壁を修理するためのお金を払ってください」と言われた場合も、壁を傷つけてしまった日を大体でもいいので伝えることができれば、保険金によって直すことができます。

こんな時にも使える!火災保険の事故例

事故例①:飼っている犬が床を傷つけてしまった

火災保険で対応できる事故として珍しいものを紹介します。

ある方が家の中でワンちゃんを飼っていました。

そのワンちゃんが雷に驚いて、逃げ出した時に床をツメでひっかいてしまった。

こんな理由で賃貸物件を傷つけてしまった時も保険で対応することができます。

事故例②:鍵穴におがくずを詰められた

仕事を終えて家に帰宅すると、ドアノブの鍵穴におがくずが詰められていて鍵を開けることができなくなっていた。

大家さんに事情を話しても、鍵の交換は入居者がしなければならないといわれてしまった。。。

こんな時も火災保険で対応することができます。

多くの賃貸用火災保険には「修理費用特約」という特約が付いています。

この特約は自分も悪くなく、大家さんも悪くなく、誰かわからない第三者によって賃貸物件が傷つけられてしまった、壊されてしまったという時に使える補償です。

事故例③:洗濯機のホースが外れて下の階まで水浸し

何かの拍子に部屋の洗濯機のホースが外れてしまうことがあります。

洗濯機のホースが外れると水が漏れだして、最悪の場合は下の階の人の部屋にまで水が流れてしまい、階下の人の家具などを濡らしてしまうこともあります。

そんな時にもこの賃貸用火災保険を使うことができます。

まとめ

賃貸用火災の保障内容は主に

・入居者の家具などの持ち物の補償(家財補償)

・賃貸物件を傷つけた場合の大家さんへの補償(借家人賠償保険)

・下の階の人などの第三者に迷惑をかけてしまった時の補償(個人賠償保険)

この3つの補償が合わさって賃貸用の火災保険として売られています。

そして、この補償は、住んでいる時に起きた事故のほとんどの事象を保険でカバーできると考えて間違えありません。

ぜひ、ささいなことでもよいので、「これは保険がでるのかな?」と気になったことがあれば一度保険会社に確認の電話をしてみましょう。