得する保険の相談

【インシュアテック】保険料の支払いにキャッシュレス決済が使えるようになりました!

アフラック生命保険株式会社は2019年10月21日から保険料の支払いをLINEペイで行えるシステムを導入しました。

これにより保険に加入する人は、保険料の振り込みに銀行へ足を運ばなくてもよくなり、自宅で保険料の支払いを終えることができるようになります。

これは2020年以降日本にもやってくるといわれている「インシュアテック」を意識したさきがけ的な行動であると言えます。

【火災保険の節約】保険料の払い方は月払いより一括払いの方が安いです!

アフラックでLINEペイを使うための方法は「請求書払い」の契約の人がバーコードを読み取るだけ

アフラックでLINEペイが使えるのは、お金の支払い方を「請求書払い」にしている人です。

保険契約を請求書払いにすると支払い方法によって異なりますが

月に1回もしくは年に1回保険会社から請求書が届きます。

LINEペイで支払う場合には、

①LINEのウォレット画面で「請求書」を押す

②案内内容を読み「次へ」ボタンを押す

③スキャン画面になったら請求書のバーコードを読み取る

④請求内容を確認する

⑤支払いを確定させる

この5つつの工程だけで保険料の支払いが完了しています。

今まで、コンビニや銀行に請求書を持って行って保険料を払っていた人にとっては大きく無駄の削減になります。

保険×テクノロジー=インシュアテック

一昔前に「FinTech(フィンテック)」という言葉が日本でも話題になりました。

この言葉は金融にインターネットテクノロジーを導入して、速く使いやすいシステムを構築することを目指した言葉です。

この言葉の保険版が「インシュアテック」です。

Insurance(保険)×Technology(テクノロジー)が合わさって、インシュアテックと呼ばれています。

今の段階ではアフラックがキャッシュレス決済を導入するにとどまっていますが、今後はAIを活用して、健康履歴を測定されて、健康な人は保険料が安く不健康な人は保険料が高くなるように保険料が自動算出されてしまう未来も近づいてきています。

インシュアテックのまとめ

インターネットやAIを活用することで、世の中がどんどん便利になっていきます。

商品を構成する要素として「情報」が多くの割合を占めている保険も当然この波に乗っていくことになります。

実際に利用する人への恩恵としては「健康であれば保険料が安くなる」という事が強く打ち出される世の中になることが考えられます。

そのため、より健康になるインセンティブが働き、健康寿命が長くなっていくことが考えられます。

ぜひ、そこまできているインシュアテックを活用して、より良い保険に加入しましょう!